ビーズファクトリー オンラインショップ特集/新商品案内はじめてのキミと出会える ビーズ屋さん直伝の目玉焼きレシピ

はじめてのキミと出会える ビーズ屋さん直伝の目玉焼きレシピ

6色のデリカビーズを使った、リアル可愛い目玉焼きのペンケースのご紹介です。濃厚な半熟の黄身を3色のデリカビーズで表現しています。注目の的間違いなし!小物入れとしても使えますよ。

黄身のMIYUKIデリカビーズ

ギョクと中染めのオレンジ2色と、つやつやイエローの3色で黄身を織ります。同じオレンジでも上手に配置することで、本物っぽい雰囲気が出ます。とても色つやの良い、半熟の黄身が流れ出そうな色です。

白身のMIYUKIデリカビーズ

白身は、ニュアンスの異なるホワイト2色で、まるで焼きたてのようです。端のカリカリの部分は、淡いツヤ消しのブラウンで、カサカサ感もバッチリです。

白やオレンジの部分に、ただ1色を選ばず、ギョクや中染め、ラスターなど、つや感や透明感、印象の異なるビーズを組み合わせることで、よりリアルな質感になりますよ。

『目玉焼きペンケース』は、裏と表、同じ模様の2枚のシートを作り、袋状に綴じ合わせて作ります。以前、ご紹介した『めで鯛ペンケース』と類似のレシピですが、より単純化した図案や行程で、ワンランク上のテクニックが体験できる、ビーズ織りのチャレンジにおすすめのレシピです。

副資材・道具

MIYUKIデリカビーズ以外の道具や副資材のご紹介です。デリカビーズ専用糸 は、シートを織るだけではなく、綴じ合わせたり、はぎ合わせたりにも使います。

-『100均アイテムで自作するプロも使うワークトレイの作り方』はこちら

織り上げたシートを綴じ合わせた目玉焼きの中に、この『ファスナー付き内袋』を入れて縫い付けます。
中身の仕組みはこんなに簡単なんです。

デリカビーズ織りのシートで見えない部分のため、必要最低限で少々無骨な見た目ですが、袋の内側は綺麗にしあげております。 これまでになかった"中表で縫製されたファスナー付きポーチ"です。この『ファスナー付き内袋』があれば、ビーズ織りで、完成度の高いペンケースやポーチ作りが、簡単で楽しくなりますね。

-『ファスナー付き内袋』詳しい使い方はこちら

デリカビーズ織りのテクニック

ビーズ織りがはじめてのかたにも、パソコンやスマホでテクニックが理解できるように、手順ごとに写真や動画を使った解説ページをご用意しております。

-デリカビーズ織りを始める前に
-タテ糸の張り方
-1本針の織り方
-目数表の見方
-目の減らし方
-目の増やし方
-糸の引き方
-シートの綴じ合わせ方
-シートのはぎ合わせ方
-ファスナー付き内袋の使い方

レシピの作り方説明と併せてご利用ください。

小冊子『デリカビーズ織り』

株式会社MIYUKIの小冊子『デリカビーズ織り』は、ミニ織機を使ってつくる小物の図案や、基本の織り方、がコンパクトにまとめられています。2010年に刷新された以降ロングセラーの小冊子です。デリカビーズ織りがはじめての方や、時々しか使わず忘れがちなテクニックの手引きとしておすすめの1冊です。
ビーズファクトリーのレシピ作成スタッフも1冊ずつ持っています。

基本の織り方や糸始末のほか、『目玉焼きペンケース』に使用する『シートの綴じ合わせ方』も掲載されております。オフラインで手順を確認したいときにおすすめです。

こちらもよく読まれています

※表示の価格は、2020年2月現在のものです。