テグス1本の場合のボールチップの使い方(通しはじめと通しおわりの手順)

テグス1本の場合のボールチップの使い方(通しはじめと通しおわりの手順)

テグスやナイロンコートワイヤーを使った手作りアクセサリーでは、端の始末に「ボールチップ」を使う機会がよくあります。

テグスやナイロンコートワイヤー、糸を通して作るアクセサリーでよく見かける基礎金具です。ハンドメイドのアクセサリー作りで、頻繁に使用するテクニックです。
このページでは、テグス1本どりのボールチップの使い方を、写真付きで解りやすくご紹介しています。

素敵なアクセサリー作りにお役立て下さい。

ボールチップの使い方 メニュー

ボールチップとは

画像のような金具で、テグスやワイヤーを使ったアクセサリーの、端の処理に使用します。 糸端の始末と、ジョイント用のカン(輪)が1つの金具で作れますので、非常に便利な基礎金具です。
ストリングネックレスなどの市販品にも、よく見られる金具です。アクセサリー作りでは、とてもメジャーな金具です。
使用するテグスやワイヤーの太さや、作品のカラーに合わせて選びましょう。

  • Now Loading.

使用する工具

ボールチップは、閉じる際に「プライヤー」や「ベントプライヤー(先が曲がったプライヤー)」を、使用します。ボールチップのサイズに合った先の細いものがおすすめです。

また、カン(輪)を作る際には、美しい丸みを付けるため、先の丸いペンチが必要です。

  • Now Loading.

このほか、テグスで小さな結び目を作るための「目打ち棒」や「先の細いハサミ」があると便利です。

  • Now Loading.

-.このほかのアクセサリー用工具を見る

テグス1本でボールチップを使用する場合の通しはじめ

ボールチップ 金具の使い方(手順) テグスに丸小ビーズを1コ通し、テグスの端から10cm位のところでビーズと一緒に2回こぶ結びをします。

ボールチップ 金具の使い方(手順)ボールチップ 金具の使い方(手順) ボールチップの内側から、テグスの長い方も短い方もとおします。

ボールチップ 金具の使い方(手順) ボールチップを閉じます。
-ボールチップの閉じ方と丸め方

ボールチップ 金具の使い方(手順) 2本のテグスにビーズを通します。短い方のテグスは1〜2cm通したところで、ハサミやニッパーでカットします。

ボールチップ 金具の使い方(手順) 通しはじめの出来上がり。続けてビーズを通していきます。

テグス1本でボールチップを使用する場合の通しおわり

ボールチップ 金具の使い方(手順) テグスにボールチップを外側から通し、さらに丸小ビーズを1コ通します。

ボールチップ 金具の使い方(手順) 丸小ビーズに、もう一度同じ方向からテグスを通します。

ボールチップ 金具の使い方(手順) 丸小ビーズをボールチップの中へ入れ込むようにして、テグスを引き締めます。

ボールチップ 金具の使い方(手順)ボールチップ 金具の使い方(手順) テグスをひと結びし、その結び目を、目打ち棒の先を使って丸小ビーズの際まで寄せていきます。

ボールチップ 金具の使い方(手順)ボールチップ 金具の使い方(手順) テグスの端をボールチップの穴から外側へ通し戻します。
ビーズの大きさにもよりますが、だいたい1〜2僖咫璽困膨未渓瓩靴泙后
ビーズのわきから出したテグスを、ニッパーかハサミで切ります。

ボールチップ 金具の使い方(手順) ボールチップをプライヤーまたはラジオペンチで閉じます。
-ボールチップの閉じ方と丸め方

実例別:ボールチップの使い方

使用する材料や本数によって、使い方が少しずつ異なります。
どの使い方も、「ボールチップの閉じ方と丸め方」は同じです。

ボールチップを使うアクセサリーの無料レシピ

もっと無料レシピをみる

Recommend

こちらもよく読まれています

※ 掲載内容は公開時のものです。価格やパッケージは、予告無く変更する場合があります。

ページトップへ戻る