ビーズワークにおける、テグスの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビーズワークにおける、テグスの選び方

テグスは数字が大きくなるほど太くなります。
張りのあるテグスは、切り口をビーズの穴に通す事が出来、クリアのテグスは、ビーズの色を邪魔しないため、ビーズを編むモチーフ作りに使用されます。
デザインや強度、ビーズの穴の大きさなどを考えて使い分けます。

テグス1号は、特に細いので小さめの「丸特小ビーズ」を使用する作品、何度も同じビーズに糸を通す必要がある作品に最適です。また、テグス編みの技法だけでなく、同じビーズに繰り返し通さなくてはいけない、ビーズステッチやビーズ織りに使われることもあり、出来上がったシートは張りのある物に仕上がります。

テグス2号は、最も良く使用されるサイズです。丸小ビーズや、スワロフスキー ソロバン型を使ったモチーフ作りに最適です。

テグス3号以上は、大きなビーズで強度を持たせたい場合に、使用します。小さなビーズは穴に通らないこともありますので、使用するビーズに合わせてお選び下さい。
テグス4号には、クリア以外にカラー展開があります。

その他にさらに切れにくい強力な「スーパーテグス 2号、3号」もございます。普通のテグスに比べ、スーパーテグスの方が より切れにくい強力なテグスです。 普通のテグスより"張り"がありますので、比較的ビーズの穴に通しやすいテグスです。目的に応じて使い分けてください。

テグス8号は、大きなモチーフを作るほか、クリアカラー以外のテグス8号は、タトゥーチョーカーやブレスレットとして使用されます。
スプール巻き10m巻と、欲しい長さで購入できる切り売り販売がございます。
arrowタトゥーチョーカーの作り方はこちら

デリカビーズ織り 専用のテグスもあります。
通常、糸を使って作るビーズ織りですが、糸の色が邪魔になるデザインの場合は、テグスで織ることもあります。

MIYUKI 先生のポイント
テグスを斜めに切るとビーズに通りやすくなります。テグスに癖がついている場合は、湯気に当てると癖が取れます。その際はやけどにご注意下さい。また、強く引っ張りすぎると、テグスが伸びたり切れたりします。

arrow糸の選び方はこちら

おすすめの特集、ビーズキット、無料レシピ

テグスを使って作る ビーズキットや無料レシピ、特集ページを集めてみました。
ハンドメイドのアイデア探しにいかがですか?

素敵なビーズワークタイムをお過ごし下さい。

こちらもおすすめ

こちらもおすすめ

ビーズの収納大作戦

ビーズファクトリーオンラインショップ お買い物ガイドはコチラ

MIYUKI先生 お願いフォーム(リクエスト専用)

MIYUKI先生へのご要望・ご質問・ご意見を受け付けております。
メールアドレス、職業、お願い内容を記入の上「内容を確認する」を押してください。

このページに関わる際は、ページのURLやページタイトルを記載いただけるとスムーズにお返事できますので、ご協力お願い致します。

メールアドレス
職業
お願い内容

ページトップへ戻る