『ワイヤープロテクター』の使い方

ワイヤープロテクターの使い方

ブレスレットやネックレスへの留め具のジョイント。
ビーズステッチとリングのジョイント。
よりシンプルなパーツをお探しではないですか?
ここでは、小さくシンプルな端始末を実現する「ワイヤープロテクター」の使い方を手順ごとに写真を添えて説明しています。

ワイヤープロテクター の使い方 メニュー

-『ワイヤープロテクター』とは
-【テクニック】基本の使い方
-【テクニック】ビーズステッチでの使い方
-『ワイヤープロテクター』一覧とご購入
-『ワイヤープロテクター』の人気無料レシピ

『ワイヤープロテクター』とは

シート止め金具 各種画像のようなU字型で、両端がチューブ状の金具です。
チューブ部分に、ナイロンコートワイヤーや糸を通し、アクセサリーの端始末を、とてもスマートに仕上げる金具です。
曲がった部分に丸リング(丸カン)をつなぐことができ、留め具へのジョイントがシンプルにできます。また、丸リング(丸カン)を使用せずとも、予めカニカンなどを通すことで、ジョイント金具が少なく済みます。

カラー・サイズバリエーションがありますので、デザインに合った物をお選び下さい。

『ワイヤープロテクター』基本の使い方

ナイロンコートワイヤーやテグスで作るアクセサリーに便利な使い方です。クラスプやマンテルを直接つなぐほか、ボールチップを使わず、丸リング(丸カン)をジョイント出来る方法です。

画像を押すと拡大します。

ワイヤープロテクターの使い方ワイヤープロテクターの使い方
ワイヤーカバーの筒側に隙間がある時は、ペンチで閉じる。
作業途中で広がった場合もペンチで隙間を閉じる。

ワイヤープロテクターの使い方ワイヤープロテクターの使い方
ナイロンコートワイヤーに、メタルビーズ(つぶし玉)を通した後、ワイヤープロテクターの片側の穴にナイロンコートワイヤーを通す。

ワイヤープロテクターの使い方ワイヤープロテクターの使い方
ワイヤープロテクターに沿わせるようにナイロンコートワイヤーを、もう1つの穴に通す。
※カニカンなどの、開閉できないパーツをつなぐ場合は、このときに、カニカン(など開閉できないパーツ)を通しておきます。

ワイヤープロテクターの使い方ワイヤープロテクターの使い方
最初に通したメタルビーズ(つぶし玉)に、ナイロンコートワイヤーを通す。

ワイヤープロテクターの使い方ワイヤープロテクターの使い方
しっかりとひきしめて、メタルビーズ(つぶし玉)をペンチで潰し止める。

ワイヤープロテクターの使い方ワイヤープロテクターの使い方
ビーズを通す。

『ワイヤープロテクター』ビーズステッチでの使い方

K4975糸を使ったビーズステッチで、『ワイヤープロテクター』を使う場合には、つぶし玉(メタルビーズ)で留めることなく使用できます。しなやかなビーズステッチに金具を直接『ワイヤープロテクター』を、取り付けることが出来きるので、今まで出来なかったスマートなアクセサリーができあがるかも!

-ビーズひと粒でつなぐ方法
-ビーズふた粒でつなぐ方法
デザインや材料に合わせてお選び下さい。

ビーズひと粒での使用

ワイヤープロテクターのチューブが、ビーズの穴へ入ってしまわない程度の、小さめビーズでおすすめの使用法です。

ペヨーテステッチ、スクエアステッチ、ビーズ織りなど、糸を使って編むテクニックで、ビーズの穴のある方向にワイヤープロテクターをジョイントします。

画像を押すと拡大します。

ワイヤープロテクターの使い方ワイヤープロテクターの使い方
ビーズステッチの途中、ジョイントしたい部分にワイヤープロテクターを続けて通し、元のビーズに通し戻します。

ワイヤープロテクターの使い方ワイヤープロテクターの使い方
デリカビーズ(DBM)を使用した写真です。
-デリカビーズ(DBM)はこちら


より丈夫にするために、ワイヤープロテクター付近で糸を運び、何度か糸を通すことをおすすめします。
ビーズステッチ糸(K4570)やモノコードでも、何度か通せば十分な強度になりますが、経年劣化などによる、糸の擦り切れが気になるかたは、より丈夫な糸をおすすめします。
-丈夫な糸はこちら

ビーズふた粒での使用

大きなビーズを使う際は、ビーズふた粒での使用法をおすすめします。(小さめビーズでも
ワイヤープロテクターのチューブ部分が、ビーズの穴を通らないサイズでご使用下さい。

ペヨーテステッチ、スクエアステッチ、ビーズ織りなど、糸を使って編むテクニックで、ビーズの穴のある方向にワイヤープロテクターをジョイントします。

画像を押すと拡大します。

ワイヤープロテクターの使い方ワイヤープロテクターの使い方
ビーズステッチの途中、ジョイントしたい部分にワイヤープロテクターを続けて通し、隣のビーズに通し戻します。

ワイヤープロテクターの使い方ワイヤープロテクターの使い方
デリカビーズ(DB)を使用した写真です。
-デリカビーズ(DB)はこちら


より丈夫にするために、ワイヤープロテクター付近で糸を運び、何度か糸を通すことをおすすめします。
ビーズステッチ糸(K4570)やモノコードでも、何度か通せば十分な強度になりますが、経年劣化などによる、糸の擦り切れが気になるかたは、より丈夫な糸をおすすめします。
-丈夫な糸はこちら

丈夫な糸『デュラライン』と『ファイアライン』

『デュラライン』は、株式会社MIYUKIから発売された糸で、海外展開されている糸です。よく切れるはさみやニッパーでないと、美しく切ることができないほどの丈夫な糸です。一般的なハサミでも切る事が出来ますが、切り口がバラつきます。良く切れるハサミやニッパーでカットしてお使いください。

 

『ファイアライン』は、そもそもブラックバスなどの釣り用の糸ですが、その丈夫さと、釣り糸ではめずらしいしなやかさで、ビーズステッチ愛好家に利用されることの多い、鉄の12倍の強度を持つDMS社のマイクロダイニーマ(PE)繊維を特殊加工したラインで、耐磨耗性に優れています。

 

ナイロン糸に直接金具をつなぐことが不安な場合は、丈夫な糸をご利用ください。

『ワイヤープロテクター』 一覧とご購入

ラグジュアリーな素材のワイヤープロテクター

-ハンドメイドのアクセサリーに使う基礎金具をもっと見る

『ワイヤープロテクター』を使った人気無料レシピ

-ハンドメイドの無料レシピをもっと見る

よく読まれている特集

 

こちらもおすすめ

ビーズの収納大作戦

ビーズファクトリーオンラインショップ お買い物ガイドはこちら

MIYUKI先生 お願いフォーム(リクエスト専用)

MIYUKI先生へのご要望・ご質問・ご意見を受け付けております。
メールアドレス、職業、お願い内容を記入の上「内容を確認する」を押してください。

このページに関わる際は、ページのURLやページタイトルを記載いただけるとスムーズにお返事できますので、ご協力お願い致します。

メールアドレス
職業
お願い内容

※表示の価格はページ作成時の価格です。改定になる場合があります。必ずリンク先やかごに入れた際の価格をご確認下さい。

ページトップへ戻る