タティングレースの編み方(手順)

フレンチリリアンの編み方

タティング とは

タティングは、糸とシャトルを使い、レース糸に結び目や編み目をつくりながら、形作るレース編みの手法です。
タティング、タッチングレース、シャトルレースと呼ばれる事もあります。

ビーズと組み合わせて使用すると、レースの素敵なアクセサリーが出来上がります。

タティング ワークに必要な道具

タティングには、『シャトル』と呼ばれる道具が必要です。
あらかじめシャトルに巻き付けた糸と、指を使ってレースを形作ります。

タティングの編み方テクニック

タティングレースを作るには、いくつかのテクニックを組み合わせてレース糸で模様を作ります。
ここでは、ビーズを使ったタティングの技法を、テクニック別に写真を添えて手順を解説します。

1.タティングシャトルへの糸の巻き方
2.タティングの結び目を作る
3.ビーズの入ったピコを作る
4.タティングリングを作る

タティングシャトルへの糸の巻き方

画像を押すと拡大します。

1.タティングシャトルへの糸の巻き方

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
シャトルの柱の穴に糸端を通し、糸端を上からかけます。
糸端を下からかけます。

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
糸を引いて、結び目をシャトルに近づけ固定します。

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
シャトルを片手に持ち、糸を手前から向こう側に平らになるように巻いていきます。

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
必要な長さの糸を巻き付けます。ただし、シャトルの両サイドから糸が出ない程度に巻き付けましょう。

2.タティングの結び目を作る

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
糸端から、必要なビーズを順に通します。

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
糸端から、約20僂僚蠅鮑玄蠅凌道悗反雄垢兄悗任弔泙漾中指、薬指、小指を広げて、ビーズを通した糸を指の外側に添わせます。

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
糸を輪にして、親指と人差し指でしっかりつまみます。

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
シャトルの糸を、右手の中指にかけて、その糸の下をシャトルがくぐるように進め、左手で作った輪の中央をくぐります。

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
輪にかけた糸の上にシャトルを進めて手前に引くと、糸の巻目が出来ます。これが、 <前の半目> になります。

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
シャトルの糸を今度は中指にかけず、左手の輪の上側に進め、輪の中央を通って手前に引きます。

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
左手の輪に巻目が出来ました。これが <後の半目> になります。

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
<後の半目> を <前の半目> の隣に滑らせ、タティングの1目が出来上がりました。

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
<前の半目> と <後の半目> を繰り返して5目の出来上がり。出来た結び目は順に、左手の親指と人差し指の間に挟んで固定しておきます。


テクニック別タティングレースの編み方(手順)ポイント編シャトル側の糸を引き、結び目が動けば、結び目が正しく出来ています。
・手にかけた輪が小さくなってきた時は、輪を矢印Aの方向に引くと、大きくなります。
・シャトルを持つ指先は、輪をくぐる際も、常に固定していて下さい。
※この作り方は、左手に輪をかけ、右手にシャトルを持つようにしていますが、ご自分の利き手に合わせて持ち手を変えて下さい

3.ビーズの入ったピコを作る

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
必要なビーズの個数を結び目の横に移動させます。

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
移動させた最後のビーズの横に <前の半目> と <後の半目> を作り、引き締めます。

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
ビーズの入ったピコが出来ました。

4.タティングリングを作る

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
最後の結び目を親指と人差し指でしっかり固定し、シャトル側の糸を引きます。

テクニック別タティングレースの編み方(手順)テクニック別タティングレースの編み方(手順)
最初の目と最後の目がくっついて輪が出来、タティングリングの完成です。デザインによって、大きさを変えたり、タティングリングを単独で使ったり、糸を切らずに引き続き結び目を作ったりと…自由に作品の幅を広げて下さい。


FALSE シャトル側の糸を引く時は少し力がいりますが、その際、結び目が崩れないように、しっかり親指と人差し指でつまんで固定しておきましょう。

よく読まれています

こちらもおすすめ

ビーズの収納大作戦

ビーズファクトリーオンラインショップ お買い物ガイドはこちら

MIYUKI先生 お願いフォーム(リクエスト専用)

MIYUKI先生へのご要望・ご質問・ご意見を受け付けております。
メールアドレス、職業、お願い内容を記入の上「内容を確認する」を押してください。

このページに関わる際は、ページのURLやページタイトルを記載いただけるとスムーズにお返事できますので、ご協力お願い致します。

メールアドレス
職業
お願い内容

※表示の価格はページ作成時の価格です。改定になる場合があります。必ずリンク先やかごに入れた際の価格をご確認下さい。

ページトップへ戻る