デリカビーズ織り「糸の引き方」と「糸始末」

ビーズ織りのタテ糸の張り方は、大きく分けて2種類あります。

1.止め棒を使い1本の糸でタテ糸を張る方法→織機の長さで作れる小さな作品に向いています。
2.ストッパーを使ったタテ糸を張る方法 →織機の長さ(大きさ)より長い作品に向いています。

このページでは、止め棒を使ったタテ糸の「糸の引き方」と「糸始末」をご紹介します。

ビーズ織機の名称

伸縮型織機(LM21R)以外のビーズ織機では、「花ナット」が「蝶ネジ」、「糸かけ棒」は「バネ付棒」になり、「巻き取り棒」は「巻棒」と表記されていることがあります。

糸の引き方

デリカビーズ織りの「糸引き」は最後の仕上げであり、難易度の高い作業となります。
大きな物ほど、引っ張る糸が長くなるため、もつれてしまわないように慎重に行いましょう。

ビーズ織機から外したシートの、中央付近からから左右の端に向かって、順番に糸を引きます。
中央から常に内側の糸(引き終わった部分の隣)を上下交互に引いていくことで、間違いが防げる方法です。

※作品によって引く糸の回数や上下が違うことがございます。作品に合わせてご利用ください。

糸の「つまみ」方 のコツ

糸の輪の部分をつまむと両側の糸を引いてしまうので、シートに近い根元部分の糸をつまんで内側だけの糸を引きます。

糸始末

止め棒を使ったタテ糸の始末は、とても簡単です。

ビーズ織りの基本〜タテ糸の張り方(止め棒を使う方法)〜ビーズ織りの基本〜タテ糸の始末(止め棒を使う方法)〜
ビーズの穴に適当に通し、ビーズの際で糸を切ります。
(図はヨコ糸ですが、タテ糸も同様にします。)

デリカビーズ織りにおける糸始末は、タテ糸の張り方によって異なります。
このページで紹介した糸始末をするタテ糸の張り方はこちら
-止め棒を使ったタテ糸の張り方はこちら

You Tube で覚えるデリカビーズ織り

株式会社MIYUKIが公開しているデリカビーズ織りの動画です。

デリカビーズ織りテクニックMENU

デリカビーズ織りビーズ織り機を使って、まるでドット絵を描くように、デリカビーズでシートを織る。上級者向けのビーズの技法。
織りあがったシートは、アクセサリーはもちろん、ビーズバッグやインテリアに仕立てられます。 形の整ったデリカビーズを使用します。

デリカビーズ織りを始める前に

-デリカビーズ織りとは
-デリカビーズ織りが初めての方へ

小さなシート作りのタテ糸テクニック

手のひらサイズの作品作りに適したタテ糸のテクニックです。織機の大きさ(長さ)に収まる小さなシート作りには、1本の糸で、コンパクトにタテ糸を張ります。

-止め棒を使ったタテ糸の張り方
-止め棒を使って張ったタテ糸の引き方と始末

大きなシート作りのタテ糸テクニック

織機より大きな作品作りに適したタテ糸のテクニックです。織機の大きさ(長さ)より大きなシート作る際には、切り分けた糸で長いタテ糸を張ります。

-ストッパーを使ったタテ糸の張り方
-ストッパーを使って張ったタテ糸の始末

ビーズの織り方(基本)

-1本針の織り方
-目数表の見方

ビーズの織り方(応用)

-目の減らし方
-目の増やし方
-「減目」や「増目」のある目数表の見方

ビーズ織りをより楽しむ

-シートの綴じ合わせ方
-シートのはぎ合わせ方
-ファスナー付き内袋の使い方

ビーズ織機

はじめてのかたにおすすめのセット

-デリカビーズ織りの織機・副資材・工具はこちら

ビーズ織りの無料レシピ

-ビーズ織りのレシピをもっと見る

おすすめのキット

-ビーズ織りのキットをもっと見る

デリカ ビーズ織り の 特集

こちらもおすすめ

ビーズの収納大作戦

ビーズファクトリーオンラインショップ お買い物ガイドはこちら

MIYUKI先生 お願いフォーム(リクエスト専用)

MIYUKI先生へのご要望・ご質問・ご意見を受け付けております。
メールアドレス、職業、お願い内容を記入の上「内容を確認する」を押してください。

このページに関わる際は、ページのURLやページタイトルを記載いただけるとスムーズにお返事できますので、ご協力お願い致します。

メールアドレス
職業
お願い内容

※表示の価格はページ作成時の価格です。改定になる場合があります。必ずリンク先やかごに入れた際の価格をご確認下さい。

ページトップへ戻る