丸リングでレザーコードをかしめる方法

丸リングでレザーコードをかしめる方法|ビーズファクトリー MIYUKI先生のテクニック集

丸リングや小判リングは、ハンドメイドのアクセサリーには欠かせない金具です。ビーズやパーツを使うほかに、レザーコードをかしめることもできます。このページでは、写真で解りやすくご紹介しております。

丸リング・小判リングの使い方 メニュー

-丸リング・小判リングとは
-【テクニック】丸リングでレザーコードをかしめる方法
-レザーコードを使うアクセサリーの無料レシピ

丸リング・小判リングとは

画像のような金具で、円形のものを“丸リング”、楕円形のものを“小判リング”とよびます。
アイピンを通したビーズやパーツをつないだり、マンテルやクラスプなどの留め具をつないだり、頻繁に使用する基礎金具です。
ビーズやパーツとの組み合わせだけで無く、リングだけを巧みにつなぎ鎧を作る「チェーンメイル」のテクニックが、昨今ではジュエリーに生かされるようになりました。つなぎ方によって様々な模様が楽しめます。
また、レザーコードを“かしめる”際にも使用されます。

名称や呼び方は、言語や製造メーカーによって様々ですが、丸リングは丸カン、小判リングはCカンと呼ばれる事もあります。

外形や太さ、カラーがさまざまにありますので、デザインに合わせて選びましょう。

丸リングでレザーコードをかしめる方法

画像を押すと拡大します

ハンドメイドアクセサリー作りのテクニック【丸リングでレザーコードをかしめる方法】ハンドメイドアクセサリー作りのテクニック【丸リングでレザーコードをかしめる方法】
プライヤー、又はラジオペンチで、リングのつなぎ目を上下に開き少しずらします。


ハンドメイドアクセサリー作りのテクニック【丸リングでレザーコードをかしめる方法】の行程でリングを開く際、開きすぎるとうまくかしめられませんので、巻き付けた時に、隙間が出来ないようにリングの太さと同じくらいずらします。

ハンドメイドアクセサリー作りのテクニック【丸リングでレザーコードをかしめる方法】ハンドメイドアクセサリー作りのテクニック【丸リングでレザーコードをかしめる方法】ハンドメイドアクセサリー作りのテクニック【丸リングでレザーコードをかしめる方法】
止めたいコードをリングに通し、コードを折り返して再びリングに通します。
(デザインによってはコードを2本通す場合もあります。)

ハンドメイドアクセサリー作りのテクニック【丸リングでレザーコードをかしめる方法】ハンドメイドアクセサリー作りのテクニック【丸リングでレザーコードをかしめる方法】ハンドメイドアクセサリー作りのテクニック【丸リングでレザーコードをかしめる方法】
ラジオペンチでリングの両サイドを押さえるようにしてかしめ、一度に潰しきってしますのではなく、リングがコードに巻き付く用に調節しながらかしめていきます。

ハンドメイドアクセサリー作りのテクニック【丸リングでレザーコードをかしめる方法】ハンドメイドアクセサリー作りのテクニック【丸リングでレザーコードをかしめる方法】
横から見たところ

ハンドメイドアクセサリー作りのテクニック【丸リングでレザーコードをかしめる方法】ハンドメイドアクセサリー作りのテクニック【丸リングでレザーコードをかしめる方法】
ラジオペンチで上下から押さえ、きっちり固定します。

便利な工具

丸リング・小判リングの開閉には、先が細くつまむことができるプライヤーやラジオペンチを2つ使用します。同じプライヤーを用意する必要はありません。小さなリングをつまむことが出来れば、異なる工具2本でOKです。

小さくて細いリングの開閉には先の細いプライヤーを、太くて強度のあるリングの開閉には、リングの太さや強度に合わせて選びましょう。

かしめる(つぶしてしっかり止める)場合にはラジオペンチがおすすめです。

テクニック画像では「先細プライヤー」2本と「ラジオペンチ」を使用しております。

レザーコードを使う 無料レシピ

よく読まれている特集

こちらもおすすめ

ビーズの収納大作戦

ビーズファクトリーオンラインショップ お買い物ガイドはこちら

MIYUKI先生 お願いフォーム(リクエスト専用)

MIYUKI先生へのご要望・ご質問・ご意見を受け付けております。
メールアドレス、職業、お願い内容を記入の上「内容を確認する」を押してください。

このページに関わる際は、ページのURLやページタイトルを記載いただけるとスムーズにお返事できますので、ご協力お願い致します。

メールアドレス
職業
お願い内容

※表示の価格はページ作成時の価格です。改定になる場合があります。必ずリンク先やかごに入れた際の価格をご確認下さい。

ページトップへ戻る