オートクチュールビーズ刺繍の技法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オートクチュールビーズ刺繍の技法

スパンコールの連続刺し

tech1

  • プチポワンをします。
    オーガンジーの表に針を出し、スパンコールを通します。

tech2

  • スパンコールのきわに針を垂直に入れ、最初のスパンコールの穴から再び針を出します。

tech3

  • 2枚目のスパンコールを拾い、スパンコール半径分先に針を入れ、1枚目と2枚目の間から針を出し、糸を引きます。

tech3

  • 2枚目のスパンコールの穴だけに針を通します。

tech3

  • 糸を1枚目の方に引きしめながら1枚目に重なるように2枚目のスパンコールを倒します。

tech3

  • 3〜5を繰り返します。

スパンコールを続けて刺すテクニックです。亀甲も平丸も基本的に刺し方は同様です。糸は、基本1本取りで刺します。

オートクチュールビーズ刺繍キット
大量生産される既製品とは違う、丁寧な手仕事から生まれる豪華な刺繍。 
「オートクチュールビーズ刺繍」の世界を、体験してみませんか?

オートクチュールビーズ刺繍 材料 リュネビル刺繍針
誰もが一度はあこがれる その繊細な刺繍を生み出すのは素晴らしい技術と 上質な素材。
"糸通しスパンコール”、バリを取る必要が無い”スムースホールパール”、輝きが美しい"メタリックスレッド"など、本場パリで選ばれる『オートクチュールビーズ刺繍』の材料が当店でお買い求めいただけます。  

ビーズの収納大作戦

ビーズファクトリーオンラインショップ お買い物ガイドはコチラ

MIYUKI先生 お願いフォーム(リクエスト専用)

MIYUKI先生へのご要望・ご質問・ご意見を受け付けております。
メールアドレス、職業、お願い内容を記入の上「内容を確認する」を押してください。

このページに関わる際は、ページのURLやページタイトルを記載いただけるとスムーズにお返事できますので、ご協力お願い致します。

メールアドレス
職業
お願い内容

ページトップへ戻る